スポンサードリンク

【判例】「アメックス」と不正競争防止法1条1項2号 (平成5年12月16日最高裁)「アメックス」と不正競争防止法1条1項2号

(平成5年12月16日最高裁)

事件番号  平成5(オ)1507

 

最高裁判所の見解

不正競争防止法一条一項二号にいう

広く認識された他人の営業であることを示す表示には、

営業主体がこれを使用ないし宣伝した結果、

当該営業主体の営業であることを示す表示として

広く認識されるに至った表示だけでなく、

第三者により特定の営業主体の営業であることを示す表示として用いられ、

右表示として広く認識されるに至ったものも

含まれるものと解するのが相当である。

 

これを本件についてみるに、原審の確定したところによれば、

上告人が第一審判決主文第一項記載の各表示(以下「上告人表示」という。)及び

上告人の商号の使用を開始したのは昭和五五年一月九日以降であるが、

同五四年末までには、「アメックス」の語が、

新聞記事等において被上告人の略称として

使用されたことにより、被上告人の営業を示す表示として

我が国において広く認識されていたものである、

というのであって、右認定は、

原判決挙示の証拠関係に照らして首肯することができる。

 

右表示と上告人表示及び上告人の商号とが類似することは明らかであるから、

上告人が上告人表示及び上告人の商号を使用する行為が

不正競争防止法一条一項二号所定の他人の

営業活動と混同を生じさせる行為に該当するとした原審の判断は、

これを是認することができる。論旨は、

原審の専権に属する証拠の取捨判断、事実の認定を非難するか、

又は独自の見解に基づいて原判決の違法をいうものにすぎず、

採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク