スポンサードリンク

【判例】インターネット上のウェブサイトに記事を掲載した行為と名誉毀損 (平成24年3月23日最高裁)インターネット上のウェブサイトに記事を掲載した行為と名誉毀損

(平成24年3月23日最高裁)

事件番号  平成22(受)1529

 

この裁判は、

インターネット上のウェブサイトに記事を掲載した行為が

名誉毀損の不法行為を構成するとされた事例です。

 

最高裁判所の見解

事実関係によれば,本件記事は,

インターネット上のウェブサイトに掲載されたものであるが,

それ自体として,一般の閲覧者がおよそ信用性を有しないと認識し,

評価するようなものであるとはいえず,本件記載部分は,

第1文と第2文があいまって,上告人会社の業務の一環として

本件販売店を訪問したX2らが,本件販売店の所長が

所持していた折込チラシを同人の了解なくして持ち去った旨の事実を

摘示するものと理解されるのが通常であるから,

本件記事は,上告人らの社会的評価を低下させることが明らかである。

 

(2) そして,前記事実関係によれば,

本件販売店の所長が所持していた

折込チラシは,訴外会社の従業員が本件販売店の所長の了解を得た上で

持ち帰ったというのであるから,

本件記載部分において摘示された事実は

真実ではないことが明らかであり,また,

被上告人は,上告人会社と訴訟で争うなど対立関係にあったという

第三者からの情報を信用して

本件サイトに本件記事を掲載したと主張するのみで,

本件記載部分において摘示した事実が真実であると信ずるにつき

相当の理由があったというに足りる事実を主張していない。

 

(3) そうすると,被上告人が本件サイトに本件記事を掲載したことは,

上告人らの名誉を毀損するものとして

不法行為を構成するというべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク