スポンサードリンク

【判例】カーボン複写の方法によって記載された自筆の遺言と民法968条1項にいう「自書」の要件 (平成5年10月19日最高裁)カーボン複写の方法によって記載された自筆の遺言と民法968条1項にいう「自書」の要件

(平成5年10月19日最高裁)

事件番号  平成4(オ)818

 

最高裁判所の見解

原審の適法に確定した事実によると、本件遺言書は、

Dが遺言の全文、日付及び氏名をカーボン紙を用いて

複写の方法で記載したものであるというのであるが、

カーボン紙を用いることも自書の方法として

許されないものではないから、本件遺言書は、

民法九六八条一項の自書の要件に欠けるところはない。

 

原審の適法に確定した事実関係は、

本件遺言書はB五判の罫紙四枚を合綴したもので、

各葉ごとにDの印章による契印がされているが、

その一枚目から三枚目までは、

D名義の遺言書の形式のものであり、

四枚目は被上告人B名義の遺言書の形式のものであって、

両者は容易に切り離すことができる、というものである。

 

右事実関係の下において、本件遺言は、

民法九七五条によって禁止された共同遺言に

当たらないとした原審の判断は、正当として是認することができる。

 

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク