スポンサードリンク

【判例】世田谷区清掃・リサイクル条例違反被告事件 (平成20年7月17日最高裁)世田谷区清掃・リサイクル条例違反被告事件

(平成20年7月17日最高裁)

事件番号  平成20(あ)139

 

上告趣意のうち,

世田谷区清掃・リサイクル条例31条の2第1項にいう

「一般廃棄物処理計画で定める所定の場所」

の明確性に関し憲法31条違反をいう点は,

同条例31条の2第1項,37条,一般廃棄物処理計画等によれば,

世田谷区が,一般廃棄物の収集について区民等の協力を得るために,

区民等が一般廃棄物を分別して排出する場所として定めた

一般廃棄物の集積所を意味することは明らかであり,

「所定の場所」の文言を用いた本件罰則規定が,

刑罰法規の構成要件として不明確であるとはいえない。

 

また,本件における違反場所は,「資源・ごみ集積所」

と記載した看板等により,上記集積所であることが周知されている。

 

さらに,「一般廃棄物処理計画」への構成要件の委任に関し

憲法31条違反をいう点は,条例の委任により

上記のような計画に技術的細目的事項を定めることが

およそ許されないものではない。

 

また,憲法13条,22条1項,29条1項違反をいう点は,

同条例31条の2,79条1号の各規定は,所論のいう各権利とは

直接関連を有するものではなく,憲法14条違反をいう点は,

同条例の上記各規定は,人種,信条,性別,社会的身分又は

門地などにより被告人を不当に差別するものではない。

 

以上の所論はいずれも前提を欠き,判例違反をいう点は,

事案を異にする判例を引用するもので本件に適切でないか,

原判断が所論引用の判例と相反する判断を

したものではないことが明らかであり,

その余は,憲法違反をいう点を含め,

実質は単なる法令違反の主張であって,

刑訴法405条の上告理由に当たらない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク