スポンサードリンク

【判例】交通整理等の職務に当たっていた警察官につばを吐きかけた者に対して職務質問のためその胸元をつかみ歩道上に押し上げた警察官の行為 (平成元年9月26日最高裁)交通整理等の職務に当たっていた警察官につばを吐きかけた者に対して職務質問のためその胸元をつかみ歩道上に押し上げた警察官の行為

(平成元年9月26日最高裁)

事件番号  平成1(あ)17

 

最高裁判所の見解

原判決の認定する罪となるべき事実は、

「被告人は、昭和六一年一月一六日午後八時四八分ころ、

大阪府八尾市a町b丁目c番d号a老人福祉センター前路上において、

被告人の吐いたつばが折から交通整理等の職務に当たっていた

大阪府八尾警察署所属の巡査B(当時二五歳)にかかつたことから、

故意につばを吐きかけたものと認識した同巡査が、

被告人に何らかの罪を犯そうとしている者として職務質問するため、

その胸元をつかみ歩道上に押し上げようとしたのに対し、

『じゃかましいわい』『放せや』などと叫びながら、

同巡査の左膝を数回足蹴にし、更に顔面に殴りかかるなどの暴行を加え、

もつて同巡査の右職務質問の職務の執行を妨害したものである。」

というのである。

 

原判決は、右認定の理由として、

「同巡査の証言する当時の状況を考慮すると、

被告人が故意につばを吐きかけてきたと認識したB巡査は、

更に自己に向かって暴行あるいは

公務執行妨害等の犯罪行為に出るのでないかと考えて、

被告人に質問するため、『なにをする』と言いながら、

その胸元をつかみ歩道上に押し上げたものと

推認するのが相当であり、そうした行為は警察官として

警察官職務執行法二条により当然認められる

職務の執行と解されるのである。」

と判示している。

 

当時の相互の距離関係等の具体的な状況を考えれば、

通行人から突然つばを吐きかけられた者としては、

一般私人の立場であつても、その理由を問い質すのは当然であって、

まして前記のような職務に従事していた制服の警察官に

対してかかる行為に出た以上、同警察官としては

何らかの意図で更に暴行あるいは

公務執行妨害等の犯罪行為に出るのではないかと考えることは

無理からぬところである。そうであれば、

同警察官として被告人に対し

職務質問を行うことができることは当然であり、

そのために右の程度の行動をとることは、

職務質問に付随する有形力の行使として

当然許されるというべきである。

 

したがって、原判決の右判断は正当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク