スポンサードリンク

【判例】会社代表者でない者が申立てた上告が不適法とされた事例 (平成4年6月5日最高裁)会社代表者でない者が申立てた上告が不適法とされた事例

(平成4年6月5日最高裁)

事件番号  平成4(あ)224

 

最高裁判所の見解

本件上告申立書は、被告人会社の旧商号である

株式会社Aの代表取締役B名義で提出されたものであるところ、

当審取寄せの被告人会社登記簿謄本によれば、

Bは右上告申立て当時既に被告人会社の代表取締役を辞任し、

その旨の登記がなされ、その代表取締役には

Cが就任していることが認められるから、

Bが被告人会社のため申し立てた

本件上告申立ては不適法というべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク