スポンサードリンク

【判例】公職選挙法148条2項かっこ書と憲法21条 (平成元年11月9日最高裁)公職選挙法148条2項かっこ書と憲法21条

(平成元年11月9日最高裁)

事件番号  昭和60(あ)590

 

最高裁判所の見解

上告趣意は、公職選挙法一四八条二項かっこ書の規定が

憲法二一条に違反する旨主張するが、右規定は、

選挙運動の期間中及び選挙の当日という特定の時期に限り、

無償という特定の態様に限って、新聞紙又は雑誌の頒布方法を

規制したものであって、このような規制が

憲法二一条に違反するものでないことは、

当裁判所の判例(昭和二九年(あ)第七八七号同三〇年二月一六日大法廷判決・

刑集九巻二号三〇五頁)の趣旨に徴して明らかであるから、

所論は理由がない。

 

また、同上告趣意のうち、その余の部分は、

憲法違反及び判例違反をいう点を含め、

実質は単なる法令違反の主張であって、

適法な上告理由に当たらない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク