スポンサードリンク

【判例】公職選挙法199条の2第1項,公職選挙法249条の2第1項 (平成9年4月7日最高裁)公職選挙法199条の2第1項,公職選挙法249条の2第1項

(平成9年4月7日最高裁)

事件番号  平成9(あ)106

 

最高裁判所の見解

公職選挙法一九九条の二第一項、二四九条の二第一項の罪が

成立するためには、

寄附を受ける者において当該寄附が

公職の候補者等によりわれたことや

当該選挙に関して行われたことの認誠は

必要としないと解すべきであるから、

本件につき右の罪の成立を認めた原判断は、正当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク