スポンサードリンク

【判例】公金を支出と憲法89条 ( 昭和63年12月16日最高裁)公金を支出と憲法89条

( 昭和63年12月16日最高裁)

事件番号  昭和61(行ツ)60

 

一部事務組合が地元住民の要請により

公共施設である道路の改良工事を行い

その工事代金の支払のため公金を支出した場合において、

右道路が宗教法人たる神社の境内入口まで通じていて

参詣のための通路としても利用されているところから、

右神社が右工事による利益を受けることとなるとしても、

これをもつて、右公金の支出が、右神社に対し

特別に財政的援助を与えるものとして

憲法八九条に違反するということはできない。

 

このことは、最高裁昭和四六年(行ツ)第六九号同五二年七月一三日大法廷判決

(民集三一巻四号五三三頁)の趣旨に徴して明らかというべきである。

 

右と同趣旨の見解に立ち、原審の適法に確定した事実関係の下において、

本件神社の境内入口まで通じている道路甲の改良工事のため

支出された本件公金支出が憲法八九条、

地方自治法一三八条の二に違反するものではないとした

原審の判断は、正当として是認することができる。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク