スポンサードリンク

【判例】刑法205条2項と憲法14条 (平成2年11月26日最高裁)刑法205条2項と憲法14条

(平成2年11月26日最高裁)

事件番号  平成1(あ)165

 

最高裁判所の見解

刑法二〇五条二項は憲法一四条に違反して無効であるから、

被告人の本件所為に対して刑法二〇五条二項を適用した

原判決は、憲法の解釈を誤ったものであると主張するが、

右規定が憲法一四条に違反するものでないことは、

既に当裁判所の判例

(昭和二五年(あ)第二九二号同年一〇月一一日大法廷判決・

刑集四巻一〇号二〇三七頁、

昭和二六年(あ)第二一三七号同二九年一月二〇日大法廷判決・

刑集八巻一号五二頁)とするところであるから、

所論は理由がない(最高裁昭和四五年

(あ)第一三一〇号同四八年四月四日大法廷判決・

刑集二七巻三号二六五頁、同昭和四八年

(あ)第一九九七号同四九年九月二六日第一小法廷判決・

刑集二八巻六号三二九頁、同昭和五〇年

(あ)第一五六三号同五一年二月六日第二小法廷判決・

刑集三〇巻一号一頁参照)。

 

同二は、事実誤認の主張であり、同三は、

量刑不当の主張であって、

いずれも刑訴法四〇五条の上告理由に当たらない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク