スポンサードリンク

【判例】刑訴法349条,刑訴法349条の2,刑訴法366条1項,刑訴法433条 (平成16年10月8日最高裁)刑訴法349条,刑訴法349条の2,刑訴法366条1項,刑訴法433条

(平成16年10月8日最高裁)

事件番号  平成16(し)214

 

最高裁判所の見解

刑の執行猶予言渡しの取消請求事件は,

刑事上の処分の手続の性質を有するものであるから,

本件抗告の申立てには刑訴法366条1項が

類推適用されるものと解するのが相当であり,

本件申立ては適法である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク