スポンサードリンク

【判例】刑訴法382条の解釈適用(平成25年10月21日最高裁)刑訴法382条の解釈適用

(平成25年10月21日最高裁)

事件番号  平成24(あ)724

 

この裁判は、

密輸組織が関与する覚せい剤の密輸入事件について,

被告人の故意を認めず無罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に,

刑訴法382条の解釈適用の誤りはないとされた事例です。

 

最高裁判所の見解

(1) 所論は,事実誤認を理由に第1審判決を破棄して自判した原判決は,

事実誤認につき論理則,経験則等に照らして不合理であることを具体的に示しておらず,

刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があり,

ひいては事実誤認があるという。

 

(2) 原判決は,知情性を否定した第 1 審判決の結論について,

次のとおり説示して,判決に影響を及ぼすことが

明らかな事実誤認があるという。

 

すなわち,覚せい剤密輸組織によるこの種の犯罪において,

運搬者が,覚せい剤密輸組織の者からにしろ,

一般人を装った者からにしろ,誰からも何らの委託も受けていないとか,

受託物の回収方法について何らの指示も依頼も受けていないということは,

現実にはあり得ないというべきである。

 

この経験則と被告人が大量の覚せい剤が隠匿された

本件スーツケースを携帯して来日したことなどからは,

被告人は本件スーツケースを日本に運ぶよう指示又は

依頼を受けて来日したと認定でき,渡航費用等の経費は

覚せい剤密輸組織が負担したと考えられることなども併せ考えれば,

被告人において,少なくとも,

本件スーツケースの中に覚せい剤等の違法薬物が

隠匿されているかもしれないことを認識していたと推認できる。

 

(3) 1,2審判決が前提とするとおり,

本件覚せい剤の量や隠匿態様等に照らし,

本件密輸には覚せい剤密輸組織が関与していると認められるところ,

原判決が説示するとおり,密輸組織が多額の費用を掛け,

摘発される危険を冒してまで密輸を敢行するのは,

それによって多額の利益が得られるからに他ならず,

同組織は,上記利益を実際に取得するべく,

目的地到着後に運搬者から覚せい剤を確実に回収することが

できるような措置を講じるなどして密輸を敢行するものである。

 

そして,同組織にとってみれば,引き受け手を見付けられる限り,

報酬の支払を条件にするなどしながら,運搬者に対して,

荷物を引き渡すべき相手や場所等を伝えたり,

入国後に特定の連絡先に連絡するよう指示したりするなど,

荷物の回収方法について必要な指示等をした上,

覚せい剤が入った荷物の運搬を委託するという方法が,

回収の確実性が高く,かつ,準備や回収の手間も少ないという点で

採用しやすい密輸方法であることは明らかである。

 

これに対し,そのような荷物の運搬委託を伴わない密輸方法は,

目的地告人が供述するBの行動等は,

ベナン共和国への飛行機の到着時刻が予定よりも3時間ほど遅れたところ,

到着時には空港におらず,その後も同国滞在中に電話を

3,4回かけてきたにとどまるというのであって,

密輸組織の回収役の行動として不自然といわざるを得ず,

回収役とみる余地はない。日本における確実な回収措置等の有無について見ても,

被告人に同行者がいなかったことや,

日本到着時に宿泊先のホテルの予約がされておらず,

被告人自身,日本において誰かと会う約束もなく,

日本における旅程も決めていなかったと述べていることなどに照らすと,

密輸組織がそのような被告人から本件覚せい剤の回収を図ることは

容易なことではなく,日本到着後に被告人から

本件覚せい剤を確実に回収できるような特別な事情があるとか,

確実に回収することができる措置が別途講じられていたとはいえない。

 

そうすると,本件では,上記の特段の事情はなく,

被告人は,密輸組織の関係者等から,

回収方法について必要な指示等を受けた上,

本件スーツケースを日本に運搬することの委託を

受けていたものと認定するのが相当である。

 

原判決が,この種事案に適用されるべき経験則等について

「この種の犯罪において,運搬者が,誰からも

何らの委託も受けていないとか,受託物の回収方法について

何らの指示も依頼も受けていないということは,現実にはあり得ない」

などと説示している点は,例外を認める余地がないという趣旨であるとすれば,

経験則等の理解として適切なものとはいえないが,

密輸組織が関与した犯行であることや,

被告人が本件スーツケースを携帯して来日したことなどから,

被告人は本件スーツケースを日本に運ぶよう指示又は

依頼を受けて来日したと認定した原判断は,

上記したところに照らし正当である。

 

原判決は,そのほか,被告人の来日目的は

本件スーツケースを日本に持ち込むことにあり,また,

被告人の渡航費用等の経費は密輸組織において

負担したものと考えられるとし,

さらに,そのような費用を掛け,かつ,

発覚の危険を冒してまで秘
密裏に日本に持ち込もうとする物で,

本件スーツケースに隠匿し得る物として想定されるのは,

覚せい剤等の違法薬物であるから,被告人において,

少なくとも,本件スーツケースの中に覚せい剤等の

違法薬物が隠匿されているかもしれないことを

認識していたと推認できるとし,

このような推認を妨げる事情もないとしているが,

この推認過程や認定内容は合理的で,誤りは認められない。

 

以上に対し,第1審判決は,

「(密輸組織による回収のための措置としては)様々なものが考えられ,

運搬者に事情を知らせないまま同人から回収する方法がないとまではいえない」

という前提の下,「被告人が本件覚せい剤が

隠匿された本件スーツケースを自己の手荷物として

持ち込んだという事実から,特別の事情がなければ

通常中身を知っているとまで推認することはできない」と説示し,

最終的に被告人の知情性は認定できないという結論を導いている。

 

この点は,この種事案に適用されるべき経験則等の内容を誤認したか,

あるいは,抽象的な可能性のみを理由として

経験則等に基づく合理的な推認を否定した点において

経験則等の適用を誤ったものといえ,原判決のとおり,

知情性を否定した結論が誤っているといわざるを得ない。

 

(4) 以上によれば,原判決は,第1審判決の

事実認定が経験則等に照らして不合理であることを

具体的に示して事実誤認があると判断したものといえ

(最高裁平成23年(あ)第757号同24年2月13日

第一小法廷判決・刑集66巻4号482頁参照),

刑訴法382条の解釈適用の誤りはないし,事実誤認もない

 

なお,原判決が,第1審判決について,

事実認定の方法自体において誤っているとした説示には,

所論指摘のとおり第1審判決に対する誤った理解を

前提とする部分も含まれているから,

そのまま是認することはできないが,

この点は結論に影響しない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク