スポンサードリンク

【判例】刑訴法39条1項,刑訴法39条3項 (平成16年9月7日最高裁)刑訴法39条1項,刑訴法39条3項

(平成16年9月7日最高裁)

事件番号  平成15(オ)975

 

最高裁判所の見解

検察官から被疑者との接見等に関して

「接見等の指定に関する通知書」が発せられている場合,

弁護人等から当該被疑者との接見等の申出を受けた留置係官は,

検察官に対して接見等の申出があったことを連絡し,

その具体的措置について指示を

受ける等の手続を採る必要があるから,

接見等のため警察署に赴いた弁護人等は,

こうした手続が採られている間待機させられ,

それだけ接見等が遅れることとならざるを得ない。

 

そして,前記説示したところによれば,

上記通知書を発出した検察官は,上記の手続を要することにより

接見等が不当に遅延することがないようにするため,

留置係官から接見等の申出があったことの連絡を受けたときは,

合理的な時間内に回答すべき義務があるものというべきであり,

これを怠ったときは,弁護人等の接見交通権を

違法に侵害したものと解するのが相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク