スポンサードリンク

【判例】刑訴法39条3項 (平成13年2月7日最高裁)刑訴法39条3項

(平成13年2月7日最高裁)

事件番号  平成13(し)48

 

最高裁判所の見解

同一人につき被告事件の勾留とその余罪である

被疑事件の勾留が競合している場合,

検察官は,被告事件について防御権の不当な制限にわたらない限り,

被告事件についてだけ弁護人に選任された者に対しても,

同法39条3項の接見等の指定権を行使することができるのであるから

(最高裁昭和55年(し)第39号同年4月28日

第一小法廷決定・刑集34巻3号178頁参照),

これと同旨の原判断は相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク