スポンサードリンク

【判例】刑訴法411条の適用 (平成3年1月31日最高裁)刑訴法411条の適用

(平成3年1月31日最高裁)

事件番号  昭和62(あ)96

 

最高裁判所の見解

所論にかんがみ記録を精査しても、

刑訴法四一一条を適用すべきものとは認められない

(記録によれば、被告人両名が共謀の上、被告人Bの夫である

Cを殺害したと認めた原判決の認定に誤りがあるとは認められない。

また、被告人Bの量刑についてみるに、同被告人は、

被告人Aと共謀の上、Cをドライブ旅行に連れ出して疲れさせ、

同人が熟睡していた部屋に都市ガスを放って

一酸化炭素中毒に陥らせて殺害しただけでなく、

その三年八か月後にも再び、同被告人らと共謀の上、

使用人の内縁の夫であるDを東京湾の埋立地に誘い出し、

睡眠薬を飲ませて眠らせた上で絞頸して殺害し、

その死体を遺棄したものであって、本件各犯行の罪質、動機、

態様、結果、ことに各犯行においていずれも主導的な役割を

果たしていることなどに照らすと、被告人Bの罪責は誠に重大であり、

原判決が維持した第一審判決の同被告人に対する死刑の科刑は、

やむを得ないものとして当裁判所も

これを是認せざるを得ない。)。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク