スポンサードリンク

【判例】刑訴法53条1項,刑事確定訴訟記録法4条1項,刑事確定訴訟記録法4条2項 (平成8年9月25日最高裁)刑訴法53条1項,刑事確定訴訟記録法4条1項,刑事確定訴訟記録法4条2項

(平成8年9月25日最高裁)

事件番号  平成8(し)50

 

最高裁判所の見解

本件抗告の趣意のうち、憲法八二条の解釈の誤りをいう点は、

原決定が憲法の解釈を示したものとはいえないから前提を欠き、

判例違反をいう点は、所論指摘の各判例は事案を異にし本件に適切でなく、

その余は、単なる法令違反、事実誤認の主張であって、

刑訴法四三三条の抗告理由に当たらない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク