スポンサードリンク

【判例】判決原本と一致しない正本の送達をもって判決正本の送達ということができるとされた事例 (平成3年4月2日最高裁)判決原本と一致しない正本の送達をもって判決正本の送達ということができるとされた事例

(平成3年4月2日最高裁)

事件番号  平成2(オ)1869

 

最高裁判所の見解

記録によれば、本件第一審判決の原本には裁判官の署名捺印があり、

右判決原本に基づいて判決の言渡しがされたことが

認められるのであるから、右判決の正本に

裁判官の氏名の記載がないとすれば、

これは右正本を作成した裁判所書記官が右記載を

脱漏したものであるとした原審の判断は

正当として是認することができる。

 

判決の正本は判決原本のとおり記載すべきものであり、

判決原本との間に不一致が生じないよう

注意を払うべきことはいうまでもない。

 

しかし、右不一致があっても判決原本との同一性が認められ、

右不一致が敗訴当事者の上訴に関する判断の障害となり、

あるいは勝訴当事者の判決確定に関する期待を

覆すこともやむを得ないとするほどに重大なものであるとは

いえない場合においては、その送達をもって

判決正本の送達というを妨げないのである。

 

これを本件についてみるのに、上告人が送達を受けた

第一審判決の正本に裁判官の氏名の記載がなかったとしても、

その様式に照らして本件についての第一審判決の

正本であることは明らかであって、原本との同一性を認めることができ、

右の記載がないことによって上告人の

控訴するかどうかの判断が妨げられるものではなく、

右送達の日を基準とする控訴期間の経過によって判決が

確定したとの被上告人の期待を覆す程に

重大な瑕疵ということもできない。

 

そうすると、上告人は適法に第一審判決の正本の送達を

受けたことになるから(最高裁昭和二四年(オ)第二七六号

同二五年五月三〇日第三小法廷判決・裁判集民事三号三五三頁)、

 

右送達の日を基準とする控訴期間の経過後にされた

上告人の控訴を不適法であるとした原審の判断に所論の違法はない。

論旨は採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク