スポンサードリンク

【判例】別府三億円保険金殺人事件の上告審結果(被告人死亡による公訴棄却) (平成元年1月30日最高裁)別府三億円保険金殺人事件の上告審結果(被告人死亡による公訴棄却)

(平成元年1月30日最高裁)

事件番号  昭和59(あ)1566

 

最高裁判所の見解

右の者に対する殺人、恐喝未遂、恐喝被告事件について、

昭和五九年九月四日福岡高等裁判所が言い渡した判決に対し、

被告人から上告の申立があつたところ、

記録中の平成元年一月二三日付け大分県別府市長認証の除籍謄本によれば、

被告人は平成元年一月一三日死亡したことが明らかである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク