スポンサードリンク

【判例】前妻の親族2名強殺事件 (平成4年9月24日最高裁)前妻の親族2名強殺事件

(平成4年9月24日最高裁)

事件番号  昭和62(あ)879

 

最高裁判所の見解

記録を精査しても、同法四一一条を適用すべきものとは認められない

(被告人は、前妻との別れ話のこじれから同女に重傷を負わせ、

その実母を刺殺した事件で無期懲役に処せられ、

仮出獄中の身であったのに、前妻やその一族に対する逆恨みから

復しゅうを企て、深夜、同女の叔父の未亡人方に押し入り、

前妻の居所を答えなかった右未亡人と

その養女の両名を刺身包丁で多数回突き刺して殺害し、

現金等を強取したものである。

 

このような本件犯行の罪質、動機、態様、殊に殺害の

手段方法の執よう性、残虐性、結果の重大性、

遺族の被害感情、被告人の前科等を総合すると、

被告人の生い立ちなど被告人のために酌むべき事情を考慮しても、

原判決が維持した第一審判決の死刑の科刑は、

やむを得ないものとして当裁判所もこれを是認せざるを得ない。)。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク