スポンサードリンク

【判例】労働者の死亡と労働契約上の地位確認請求訴訟の承継の成否 (平成元年9月22日最高裁)労働者の死亡と労働契約上の地位確認請求訴訟の承継の成否

(平成元年9月22日最高裁)

事件番号  平成1(オ)812

 

最高裁判所の見解

労働契約上の地位自体は当該労働者の一身に専属的なものであって

相続の対象になり得ないものであるから、

労働者の提起した労働契約上の地位を有することの

確認を求める訴訟は、右労働者の死亡により

当然に終了するとした原審の判断は、

正当として是認することができ、原判決に所論の違法はない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク