スポンサードリンク

【判例】区分所有法47条2項の管理組合法人の理事会への理事の代理出席を認める規約の定め (平成2年11月26日最高裁)区分所有法47条2項の管理組合法人の理事会への理事の代理出席を認める規約の定め

(平成2年11月26日最高裁)

事件番号  平成2(オ)701

 

最高裁判所の見解

一 建物の区分所有等に関する法律(以下「法」という。)四七条二頃の

管理組合法人(以下「管理組合」という。)が、

その規約によって、代表権のある理事の外に複数の理事を定め、

理事会を設けた場合において、

「理事に事故があり、理事会に出席できないときは、

その配偶者又は一親等の親族に限り、

これを代理出席させることができる。」

と規定する規約の条項(以下「本件条項」という。)は、

法四九条七項の規定により管理組合の理事について

準用される民法五五条に違反するものではなく、

他に本件条項を違法とすべき理由はないと解するのが相当である。

 

二 すなわち、法人の理事は法人の事務全般にわたり

法人を代表(代理)するものであるが、

すべての事務を自ら執行しなければならないとすると、

それは必ずしも容易ではないとともに、他方、

法人の代理を包括的に他人に委任することを許した場合には、

当該理事を選任した法人と理事との信任関係を害することから、

民法五五条の規定は、定款、寄附行為又は

総会の決議によって禁止されないときに限り、

理事が法人の特定の行為の代理のみを他人に委任することを認めて、

包括的な委任を禁止したものであって、複数の理事を定め、

理事会を設けた場合の右理事会における出席及び

議決権の行使について直接規定するものではない。

 

したがって、理事会における出席及び議決権の行使の

代理を許容する定款又は寄附行為が、

同条の規定から直ちに違法となるものではない。

 

三 ところで、法人の意思決定のための

内部的会議体における出席及び議決権の行使が

代理に親しむかどうかについては、

当該法人において当該会議体が設置された趣旨、

当該会議体に委任された事務の内容に照らして、

その代理が法人の理事に対する委任の本旨に

背馳するものでないかどうかによって決すべきものである。

 

これを、管理組合についてみるに、法によれば、

管理組合の事務は集会の決議によることが原則とされ、

区分所有権の内容に影響を及ぼす事項は規約又は

集会決議によって定めるべき事項とされ、

規約で理事又はその他の役員に

委任し得る事項は限定されており(法五二条一項)、

複数の理事が存する場合には過半数によって決する旨の

民法五二条二項の規定が準用されている。

 

しかし、複数の理事を置くか否か、

代表権のない理事を置くか否か(法四九条四項)、

複数の理事を置いた場合の意思決定を理事会によって行うか否か、

更には、理事会を設けた場合の出席の要否及び

議決権の行使の方法について、法は、

これを自治的規範である規約に委ねているものと

解するのが相当である。

 

すなわち、規約において、代表権を有する理事を定め、

その事務の執行を補佐、監督するために代表権のない理事を定め、

これらの者による理事会を設けることも、

理事会における出席及び議決権の行使について

代理の可否、その要件及び被選任者の範囲を定めることも、

可能というべきである。

 

そして、本件条項は、理事会への出席のみならず、

理事会での議決権の行使の代理を許すことを定めたものと解されるが、

理事に事故がある場合に限定して、

被選任者の範囲を理事の配偶者又は一親等の親族に限って、

当該理事の選任に基づいて、理事会への代理出席を認めるものであるから、

この条項が管理組合の理事への信任関係を

害するものということはできない。

 

四 そうすると、本件条項を適法であるとして

上告人の請求を棄却した原審の判断は正当として

是認することができ、原判決に所論の違法はない。

 

論旨は、独自の見解に基づいて、

又は原判決の措辞の不当をとらえて、

原判決を非難するものにすぎず、採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク