スポンサードリンク

【判例】地方自治法238条1項4号にいう「地上権、地役権、鉱業権その他これらに準ずる権利」 (平成2年10月25日最高裁)地方自治法238条1項4号にいう「地上権、地役権、鉱業権その他これらに準ずる権利」

(平成2年10月25日最高裁)

事件番号  平成2(行ツ)130

 

最高裁判所の見解

本件道路敷地を使用する権利は道路法施行法五条一項に基づく

使用貸借による権利であり、同項に基づく

使用貸借による権利は地方自治法二三八条一項四号にいう

「地上権、地役権、鉱業権その他これらに準ずる権利」に当たらず、

結局同法二四二条の二第一項、二四二条一項にいう「財産」に含まれないとして、

本件訴えを不適法とした原審の認定判断は、

正当として是認することができる。

 

原判決に所論の違法はない。所論は、違憲をいうが、

その実質は単なる法令違背を主張するものにすぎず、

原判決に法令違背のないことは、右に述べたとおりである。

論旨は、採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク