スポンサードリンク

【判例】家屋明渡等 (平成3年3月22日最高裁)家屋明渡等

(平成3年3月22日最高裁)

事件番号  平成2(オ)216

 

最高裁判所の見解

建物の賃貸人が解約の申入れをした場合において、

その申入時に借家法一条ノ二に規定する正当事由が存するときは、

申入後六か月を経過することにより当該建物の賃貸借契約は終了するところ、

賃貸人が解約申入後に立退料等の金員の提供を申し出た場合又は

解約申入時に申し出ていた右金員の増額を申し出た場合においても、

右の提供又は増額に係る金員を参酌して当初の解約申入れの

正当事由を判断することができると解するのが相当である。

 

けだし、立退料等の金員は、解約申入時における賃貸人及び

貸借人双方の事情を比較衡量した結果、建物の明渡しに伴う

利害得失を調整するために支払われるものである上、

賃貸人は、解約の申入れをするに当たって、

無条件に明渡しを求め得るものと考えている場合も少なくないこと、

右金員の提供を申し出る場合にも、

その額を具体的に判断して申し出ることも困難であること、

裁判所が相当とする額の金員の支払により正当事由が具備されるならば

これを提供する用意がある旨の申出も認められていること、

立退料等の金員として相当な額が具体的に判明するのは

建物明渡請求訴訟の審理を通じてであること、さらに、

右金員によって建物の明渡しに伴う賃貸人及び貸借人双方の

利害得失が実際に調整されるのは、

賃貸人が右金員の提供を申し出た時ではなく、

建物の明渡しと引換を賃借人が右金員の支払を

受ける時であることなどにかんがみれば、

解約申入後にされた立退料等の金員の提供又は増額の申出であっても、

これを当初の解約の申入れの正当事由を判断するに当たって

参酌するのが合理的であるからである。

 

これを本件についてみると、記録によれば、

被上告人は、昭和六二年五月一一日、

第一審の第七回口頭弁論期日において、

上告人Aとの間の本件賃貸借契約の解約を申し入れ、

同時に立退料一〇〇万円の支払を申し出ていたところ、

原審の第一回口頭弁論期日において、

裁判所が相当と認める範囲内で立退料を

増額する用意があることを明らかにした上、

平成元年七月二一日、原審の最終口頭弁論期日において、

立退料を三〇〇万円に増額する旨を申し出ていることが明らかである。

 

そして、原審の適法に確定した事実関係によれば、

被上告人が昭和六二年五月一一日にした解約の申入れは、

立退料三〇〇万円によって正当事由を具備するものと認めるのが

相当であるから、本件賃貸借契約は、

右解約申入れから六か月後の昭和六二年一一月一一日の経過によって

終了したものといわなければならない。

 

したがって、これと異なり、

被上告人が平成元年七月二一日に立退料の増額を申し出た時から

六か月後の平成二年一月二一日の経過をもって

本件賃貸借契約が終了するとした原判決には、

借家法一条ノ二にいう解約申入れの効力の解釈を誤った違法があるが、

平成二年一月二二日以後の建物の明渡し及び

賃料相当損害金の支払等を命じた原判決を変更して

昭和六二年一一月一二日以後の建物の明渡し及び

賃料相当損害金の支払等を命ずることは、

いわゆる不利益変更禁止の原則により許されない。

 

論旨は、結局、原判決の結論に影響しない

部分の違法をいうに帰し、採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク