スポンサードリンク

【判例】差押処分が取り消されたため司法警察員が当該差押物を返還する行為に対する準抗告申立ての適否 (平成4年10月13日最高裁)差押処分が取り消されたため司法警察員が当該差押物を返還する行為に対する準抗告申立ての適否

(平成4年10月13日最高裁)

事件番号  平成4(し)64

 

最高裁判所の見解

記録によれば、本件は、司法警察職員のした

差押処分が違法として取り消されたため、

司法警察員において当該差押物を被差押人に返還したところ、

右物件の所有者からこれに対して

刑訴法四三〇条二項の押収物の還付に関する処分として

準抗告を申し立てたものである。

 

しかし、同法二二二条一項の準用する同法一二三条一項にいう還付は、

押収物について留置の必要がなくなった場合に押収を解いて原状を

回復する処分であるのに対し、司法警察員の右行為は、

差押処分の取消しにより押収の效果が消滅した後に

その占有を移転するものにすぎないから、

同法四三〇条二項の準抗告の対象となる押収物の

還付に関する処分には当たらないと解するのが相当である。

 

したがって、本件準抗告の申立ては不適法であり、

これが適法であることを前提とする本件抗告の申立ても不適法である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク