スポンサードリンク

【判例】民法570条にいう瑕疵(平成25年3月22日最高裁)民法570条にいう瑕疵

(平成25年3月22日最高裁)

事件番号  平成23(受)1490

 

この裁判は、

土地区画整理事業の施行地区内の土地を購入した買主が

売買後に土地区画整理組合から賦課金を課された場合において,

上記売買の当時,買主が賦課金を課される可能性が存在していたことをもって,

上記土地に民法570条にいう瑕疵があるとはいえないとされた事例です。

 

最高裁判所の見解

 

前記事実関係によれば,

B組合が組合員に賦課金を課する旨決議するに至ったのは,

保留地の分譲が芳しくなかったためであるところ,

本件各売買の当時は,保留地の分譲は

まだ開始されていなかったのであり,

B組合において組合員に賦課金を

課することが具体的に予定されていたことは全くうかがわれない。

 

そうすると,上記決議が本件各売買から

数年も経過した後にされたことも併せ考慮すると,

本件各売買の当時においては,

賦課金を課される可能性が具体性を帯びていたとはいえず,

その可能性は飽くまで一般的・抽象的なものに

とどまっていたことは明らかである。

 

そして,土地区画整理法の規定によれば,

土地区画整理組合が施行する土地区画整理事業の

施行地区内の土地について所有権を取得した者は,

全てその組合の組合員とされるところ(同法25条1項),

土地区画整理組合は,その事業に要する経費に充てるため,

組合員に賦課金を課することが

できるとされているのであって(同法40条1項),

上記土地の売買においては,買主が売買後に土地区画整理組合から

賦課金を課される一般的・抽象的可能性は,

常に存在しているものである

 

したがって,本件各売買の当時,

被上告人らが賦課金を課される可能性が存在していたことをもって,

本件各土地が本件各売買において予定されていた

品質・性能を欠いていたということはできず,

本件各土地に民法570条にいう瑕疵があるということはできない

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク