スポンサードリンク

【判例】弁論終結の決定と民訴法419条ノ2第1項にいう「不服ヲ申立ツルコトヲ得サル決定」 (平成3年11月7日最高裁)弁論終結の決定と民訴法419条ノ2第1項にいう「不服ヲ申立ツルコトヲ得サル決定」

(平成3年11月7日最高裁)

事件番号  平成3(行ト)26

 

最高裁判所の見解

民事事件について最高裁判所に特に抗告することが許されるのは、

民訴法四一九条ノ二所定の場合に限られるところ、

本件抗告がその対象としている原審のした弁論終結の決定は、

訴訟指揮の裁判に属するものであって、

これに不服のある者は終局判決に対する上訴において

その当否を争うことができるのであるから、

原決定は同条一項にいう「不服ヲ申立ツルコトヲ得サル決定」

に当たらないものと解するのが相当である

(最高裁昭和四八年(ク)第一五号同年二月一五日第一小法廷決定・

裁判集民事一〇八号一九三頁参照)。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク