スポンサードリンク

【判例】懲戒当時に使用者が認識していなかった非違行為の存在をもって当該懲戒の有効性を根拠付けることの許否 (平成8年9月26日最高裁)懲戒当時に使用者が認識していなかった非違行為の存在をもって当該懲戒の有効性を根拠付けることの許否

(平成8年9月26日最高裁)

事件番号  平成8(オ)752

 

最高裁判所の見解

所論は、被上告人の年齢詐称の事実を本件解雇の理由として

主張することはできないとした原審の判断は、

懲戒権の行使に関する法律解釈を誤るものであると主張する。

 

しかしながら、使用者が労働者に対して行う懲戒は、

労働者の企業秩序違反行為を理由として、

一種の秩序罰を課するものであるから、

具体的な懲戒の適否は、その理由とされた非違行為との関係において

判断されるべきものである。

 

したがって、懲戒当時に使用者が認識していなかった非違行為は、

特段の事情のない限り、当該懲戒の

理由とされたものでないことが明らかであるから、

その存在をもって当該懲戒の有効性を

根拠付けることはできないものというべきである。

 

これを本件についてみるに、原審の適法に確定したところによれば、

本件懲戒解雇は、被上告人が休暇を請求したことや

その際の応接態度等を理由としてされたものであって、

本件懲戒解雇当時、上告人において、

被上告人の年齢詐称の事実を認識していなかったというのであるから、

右年齢詐称をもって本件懲戒解雇の

有効性を根拠付けることはできない。

 

これと同旨の原審の前記判断は、正当として是認することができ、

その過程に所論の違法はなく、右判断は、

所論引用の判例に抵触するものではない。

論旨は採用することができない。

 

所論のその余の点に関する原審の認定判断は、

原判決挙示の証拠関係に照らし、正当として是認することができ、

その過程に所論の違法はない。

 

論旨は、原審の専権に属する証拠の取捨判断、

事実の認定を非難するか、又は独自の見解に立って

原判決を論難するものにすぎず、

いずれも採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク