スポンサードリンク

【判例】戦傷病者戦没者遺族等援護法附則2項及び恩給法9条1項3号の各規定と憲法14条1項 (平成4年4月28日最高裁)戦傷病者戦没者遺族等援護法附則2項及び恩給法9条1項3号の各規定と憲法14条1項

(平成4年4月28日最高裁)

事件番号  昭和60(オ)1427

 

最高裁判所の見解

憲法一四条一項は法の下の平等を定めているが、

右規定は合理的理由のない差別を禁止する趣旨のものであって、

各人に存する経済的、社会的その他種々の事実関係上の差異を理由として

その法的取扱いに区別を設けることは、

その区別が合理性を有する限り、何ら右規定に違反するものでないことは、

当裁判所の判例の趣旨とするところである

(昭和三七年(あ)第九二七号同三九年一一月一八日大法廷判決・

刑集一八巻九号五七九頁、同昭和三七年(オ)第一四七二号

同三九年五月二七日大法廷判決・民集一八巻四号六七六頁等参照)。

 

ところで、我が国は、昭和二七年四月二八日に発効した

日本国との平和条約により、台湾及び澎湖諸島に対する

すべての権利、権原及び請求権を放棄し(二条)、

この地域に関し、日本国及び

その国民に対する右地域の施政を行っている当局及び

住民の請求権の処理は、日本国と右当局との間の

特別取極の主題とするものとされ(四条)、また、

我が国は、右条約の署名国でない国と、

右条約に定めるところと同一の又は実質的に同一の条件で

二国間の平和条約を締結することが予定された(二六条)。

 

そして、我が国は、中華民国との間で日本国と中華民国との間の

平和条約(以下「日華平和条約」という。)を締結し、

同条約は昭和二七年八月五日に効力を生じたところ、

同条約三条は、日本国及びその国民に対する中華民国の当局及び

台湾住民の請求権の処理は、日本国政府と中華民国政府との間の

特別取極の主題とする旨を定めている。

 

また、台湾住民は、同条約により、

日本の国籍を喪失したものと解される

(最高裁昭和三三年(あ)第二一〇九号同三七年一二月五日大法廷判決・

刑集一六巻一二号一六六一頁参照)。

 

その間、昭和二七年四月三〇日に援護法が制定され、

その附則二項は、戸籍法の適用を受けない者については、当分の間、

援護法を適用しない旨を規定したが、その趣旨は、

同法上、援護対象者は日本国籍を有する者に限定され、

日本国籍の喪失をもって権利消滅事由と定められているところ、

同法制定当時、台湾住民等の国籍の帰属が分明でなかったことから、

これらの人々に同法の適用がないことを

明らかにすることにあったものと解される。

 

その後、昭和二八年八月一日施行の恩給法改正法により、

旧軍人等及びこれらの者の遺族に対する恩給の支給が復活したが、

その時点においては、台湾住民は日本の国籍を喪失していたから、

恩給法九条一項三号の規定の趣旨に照らし、

恩給の受給資格を有しないこととなったものである。

 

以上の経緯に照らせば、台湾住民である軍人軍属が

援護法及び恩給法の適用から除外されたのは、

台湾住民の請求権の処理は日本国との平和条約及び

日華平和条約により日本国政府と中華民国政府との

特別取極の主題とされたことから、

台湾住民である軍人軍属に対する補償問題もまた

両国政府の外交交渉によって解決されることが

予定されたことに基づくものと解されるのであり、

そのことには十分な合理的根拠があるものというべきである。

 

したがって、本件国籍条項により、

日本の国籍を有する軍人軍属と

台湾住民である軍人軍属との間に差別が生じているとしても、

それは右のような根拠に基づくものである以上、

本件国籍条項は、憲法一四条に関する前記大法廷判例の趣旨に徴して

同条に違反するものとはいえない。

 

ところで、日華平和条約に基づく特別取極については、

その成立をみることなく右条約締結後二〇年近くを推移するうち、

昭和四七年九月二九日、日本国政府と

中華人民共和国政府の共同声明が発せられ、

日本国政府は中華人民共和国政府が

中国の唯一の合法政府であることを承認した結果、

右特別取極についての協議が行われることは

事実上不可能な状態にある。

 

しかしながら、そのことのゆえに

本件国籍条項が違憲となるべき理由はなく、

右のような現実を考慮して、我が国が台湾住民である

軍人軍属に対していかなる措置を講ずべきかは、

立法政策に属する問題というべきである。

 

ちなみに、現時点までに成立した台湾住民である

戦没者の遺族等に対する

弔慰金等に関する法律(昭和六二年法律第一〇五号)及び

特定弔慰金等の支給の実施に関する法律(昭和六三年法律第三一号)によれば、

我が国は、人道的精神に基づき、台湾住民である戦没者の遺族等に対し、

戦没者等又は戦傷病者一人につき二〇〇万円の弔慰金又は

見舞金を支給するものとされているところである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク