スポンサードリンク

【判例】所有権保存登記の抹消請求の可否 (平成3年7月18日最高裁)所有権保存登記の抹消請求の可否

(平成3年7月18日最高裁)

事件番号  平成1(オ)1489

 

最高裁判所の見解

原審の適法に確定した事実関係の下においては、

所論の点に関する原審の判断は、

正当として是認することができ、

その過程に所論の違法はない(同一の建物に

二重の表示登記がされた場合において、

先行の表示登記の申請人ないしその登記に基づく

所有権保存登記の名義人が、その地位に基づいて、

後行の表示登記ないしその登記に基づく

所有権保存登記の抹消を求めることは

できないと解するのが相当である。)。

論旨は、ひっきょう、原審の認定に沿わないで又は

独自の見解に立って原判決を論難するものにすぎず、

採用することができない

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク