スポンサードリンク

【判例】消防署職員の消火活動が不十分なため残り火が再燃して火災が発生した場合と失火ノ責任ニ関スル法律の適用の有無 (平成元年3月28日最高裁)消防署職員の消火活動が不十分なため残り火が再燃して火災が発生した場合と失火ノ責任ニ関スル法律の適用の有無

(平成元年3月28日最高裁)

事件番号  昭和63(オ)591

 

最高裁判所の見解

 

消防署職員の消火活動が不十分なため残り火が再燃して

火災が発生した場合における公共団体の損害賠償責任について

失火ノ責任ニ関スル法律の適用があることは、

当裁判所の判例(最高裁昭和五二年(オ)第一三七九号

同五三年七月一七日第二小法廷判決・民集三二巻五号一〇〇〇頁)と

するところであり、いまこれを変更する必要はないというべきである。

 

けだし、公権力の行使に当たる公務員のうち消防署職員の

消火活動上の失火による公共団体の損害賠償責任について

同法の適用を排除すべきものとする

十分な理由を見いだし難いからである。

 

そして、原審の適法に確定した事実関係のもとにおいて、

第一次出火の消火活動に出動した被上告人の職員である

消防署職員らに同法にいう重大な過失があるとはいえないとした

原審の判断は、正当として是認することができ、

原判決に所論の違法はない。論旨は、採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク