スポンサードリンク

【判例】爆発物取締罰則1条及び3条の「人ノ身体ヲ害セントスルノ目的」の意義 (平成3年2月1日最高裁)爆発物取締罰則1条及び3条の「人ノ身体ヲ害セントスルノ目的」の意義

(平成3年2月1日最高裁)

事件番号  昭和62(あ)196

 

最高裁判所の見解

爆発物取締罰則一条及び三条所定の

「人ノ身体ヲ害セントスルノ目的」が

あるというためには、人の身体を害するという

結果の発生を未必的に認識し、認容することをもって足り、

右結果の発生に対する確定的な認識又は意図は要しないもの

と解するのが相当であって、これと同旨の原判断は、正当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク