スポンサードリンク

【判例】特許出願に係る発明の要旨の認定 (平成3年3月8日最高裁)特許出願に係る発明の要旨の認定

(平成3年3月8日最高裁)

事件番号  昭和62(行ツ)3

 

最高裁判所の見解

特許法二九条一項及び二項所定の特許要件、

すなわち、特許出願に係る発明の新規性及び進歩性について

審理するに当たっては、この発明を

同条一項各号所定の発明と対比する前提として、

特許出願に係る発明の要旨が認定されなければならないところ、

この要旨認定は、特段の事情のない限り、

願書に添付した明細書の特許請求の範囲の記載に基づいてされるべきである。

 

特許請求の範囲の記載の技術的意義が

一義的に明確に理解することができないとか、あるいは、

一見してその記載が誤記であることが

明細書の発明の詳細な説明の記載に照らして

明らかであるなどの特段の事情がある場合に限って、

明細書の発明の詳細な説明の記載を参酌することが許されるにすぎない。

 

このことは、特許請求の範囲には、

特許を受けようとする発明の構成に欠くことができない事項のみを

記載しなければならない旨定めている

特許法三六条五項二号の規定(本件特許出願については、

昭和五〇年法律第四六号による改正前の特許法三六条五項の規定)

からみて明らかである。

 

これを本件についてみると、

原審が確定した前記事実関係によれば、

本願発明の特許請求の範囲の記載には、

トリグリセリドを酵素的に鹸化する際に使用する

リパーゼについてこれを限定する旨の記載はなく、

右のような特段の事情も認められないから、

本願発明の特許請求の範囲に記載のリパーゼが

Raリパーゼに限定されるものであると解することはできない。

 

原審は、本願発明は前記(4)記載の

測定方法の改良を目的とするものであるが、

その改良として技術的に裏付けられているのは、

Raリパーゼを使用するものだけであり、

本願明細書に記載された実施例もRaリパーゼを

使用したものだけが示されていると認定しているが、

本願発明の測定法の技術分野において、

Raリパーゼ以外のリパーゼはおよそ用いられるものでないことが

当業者の一般的な技術常識になっているとはいえないから、

明細書の発明の詳細な説明で技術的に裏付けられているのが

Raリパーゼを使用するものだけであるとか、

実施例がRaリパーゼを使用するものだけであることのみから、

特許請求の範囲に記載されたリパーゼを

Raリパーゼと限定して解することはできないというべきである。

 

四 そうすると、原審の確定した前記事実関係から、

本願発明の特許請求の範囲の記載中にあるリパーゼは

Raリパーゼを意味するものであるとし、

本願発明が採用した酵素はRaリパーゼに

限定されるものであると解した原審の判断には、

特許出願に係る発明の進歩性の要件の有無を

審理する前提としてされるべき発明の要旨認定に関する

法令の解釈適用を誤った違法があるというべきであり、

右違法は原判決の結論に影響を及ぼすことが明らかである。

 

この点の違法をいう論旨は理由があり、

その余の上告理由について判断するまでもなく、

原判決は破棄を免れない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク