スポンサードリンク

【判例】生活保護法85条違反の罪の成立要件 (平成3年3月29日最高裁)生活保護法85条違反の罪の成立要件

(平成3年3月29日最高裁)

事件番号  平成1(あ)512

 

最高裁判所の見解

生活保護法八五条は、

本来正当に保護を受けることができないのに不当に

保護を受け又は受けさせることを防止するための規定であって、

同条違反の罪が成立するには、不実の申請がされたこと、

その他不正な手段が採られたことと保護との間の

因果関係を必要とするものと解するのが相当であり、

右の因果関係を必要としないとした原判決は、

法令の解釈を誤ったものというべきである。

 

しかしながら、原判決の維持した第一審判決の認定によると、

本件において不実の申請と保護との間の因果関係があり、

被告人には不実の申請をすることにより

保護を受けることの認識もあったというのであるから、

原判決の右の誤りは、結論に影響を及ぼすものではない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク