スポンサードリンク

【判例】町立小学校の校長が当該小学校の教諭に対し職務命令として校外での当分の間の研修を命じたことの適法性 (平成3年4月26日最高裁)町立小学校の校長が当該小学校の教諭に対し職務命令として校外での当分の間の研修を命じたことの適法性

(平成3年4月26日最高裁)

事件番号  平成2(行ツ)210

 

最高裁判所の見解

市町村立小学校の教員に対し

その職責を遂行させるため必要がある場合に

研修を命ずる職務命令を発することは、

当該小学校の校長の権限としてなし得るものと解されるところ、

原審の適法に確定した事実によれば、

上告人の学習指導の在り方等に問題があり、

これをめぐって上告人と児童の保護者の一部との間に紛争が生じ、

右紛争により上告人が担任する学級の授業が混乱したことから、

被上告人B1小学校長(以下「被上告人校長」という。)は、

被上告人B2教育委員会(以下「被上告人委員会」という。)及び

D教育委員会の指示を受けて、上告人に学習指導の方法等について

研修させるべく本件第一次研修命令を発したというのであり、

右発令の経緯、内容からすれば、

上告人に対する本件第一次研修命令は適法と認められる

 

上告人が本件第一次研修命令に従わなかったことは

地方公務員法二九条一項所定の懲戒事由に該当するとした

原審の判断は、結論において是認することができる。

 

また、原審の適法に確定した事実関係の下において、

被上告人校長が上告人に対してした

本件担任解除命令は適法であり、

上告人がこれに従わなかったことは

右懲戒事由に該当するとした原審の判断は、

正当として是認することができる。

 

所論違憲の主張は、原審の認定しない事実を

前提とするものであって、失当である。

 

上告人に対する本件担任解除命令は抗告訴訟の対象となる

行政処分に該当せず、右命令の取消しを求める

本件訴えは不適法であるとした原審の判断は、

正当として是認することができ、

原判決に所論の違法はない。

 

右原審の判断の違憲をいう主張は、

その実質において単なる法令違背の主張にすぎないところ、

原判決に法令違背がないことは、右に述べたとおりである。

 

論旨は、いずれも採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク