スポンサードリンク

【判例】直方の女性殺害事件 (平成2年12月14日最高裁)直方の女性殺害事件

(平成2年12月14日最高裁)

事件番号  昭和62(あ)192

 

最高裁判所の見解

記録を調査しても、刑訴法四一一条を適用すべきものとは認められない

(本件強盗殺人罪の成立を肯定した原判断は、

正当として是認することができる。本件の主たる犯行は、

いわゆる居直り強盗の際、被害者の女性が大声で助けを求めたことから、

逮捕されるのを恐れて同女を絞殺し、更に、

その約二か月後にも、空き巣に入った際、

逮捕を免れるため所携の登山ナイフで追跡者の頸部を突き刺して

重傷を負わせたというものであって、

各犯行の罪質、動機、態様、結果、遺族らの被害感情に併せ、

被告人が強盗殺人罪により無期懲役に処せられ

仮出獄中の身であったことなどを総合すると、

被告人の生い立ちなど被告人のため酌むべき事情を考慮しても、

原判決が維持した第一審判決の死刑の科刑は、

当裁判所もこれを是認せざるをえない。)。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク