スポンサードリンク

【判例】罰金以下の刑に当たる罪を犯した少年に対する略式命令と非常上告 (平成4年9月8日最高裁)罰金以下の刑に当たる罪を犯した少年に対する略式命令と非常上告

(平成4年9月8日最高裁)

事件番号  平成4(さ)1

 

最高裁判所の見解

鶴岡簡易裁判所は、平成三年二月二二日、

「被告人(昭和四六年四月一一日生)は、

平成三年一月二〇日午後九時六分ころから

同月二一日午前五時三六分ころまでの間、

山形県鶴岡市a町b番c号付近道路において、

夜間八時間以上の長時間駐車をしたものである。」との

事実を認定した上、平成二年法律第七四号による改正前の

自動車の保管場所の確保等に関する法律八条二項二号、

五条二項二号、少年法五四条その他の関係法条を適用し、

「被告人を罰金八〇〇〇円に処する。第一項の

金額を仮に納付することを命ずる。」旨の略式命令を発付し、

同略式命令は、平成三年三月九日に確定した。

 

ところで、本件違反行為は、罰金以下の刑に当たる罪であるから、

少年法二〇条により検察官への送致をすることができない事案であったのに、

山形家庭裁判所鶴岡支部は、本件を刑事処分相当として

山形地方検察庁鶴岡支部検察官に送致し、

同支部検察官から移送を受けた鶴岡区検察庁検察官は、

当時少年であった被告人に対し、

本件について公訴を提起して略式命令を請求したことが認められる。

 

そうすると、本件公訴事実については刑事処分として

公訴を提起することが許されないものであるから、

公訴提起を受けた鶴岡簡易裁判所としては、

刑訴法四六三条一項により事件を通常の手続に移した上、

同法三三八条四号により公訴棄却の判決をすべきであったにもかかわらず、

右公訴事実について有罪を認定して略式命令を発付したものであって、

同略式命令は、法令に違反し、かつ、被告人のため不利益である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク