スポンサードリンク

【判例】薬事法2条1項2号の医薬品に当たるとされた事例 (昭和63年4月15日最高裁)薬事法2条1項2号の医薬品に当たるとされた事例

(昭和63年4月15日最高裁)

事件番号  昭和59(あ)1280

 

最高裁判所の見解

本件「ビバ・ナチユラル」の成分、形状、名称、表示された

使用目的・効能効果・用法用量、販売方法、特に、

販売に際して「このビバ・ナチユラルは、高血圧、動脈硬化、

肝臓疾患に非常に効果がある」旨記載したポスターや、

これらの疾患、症状に対する薬理作用を示す「治験例集計紙」を

添付するなどして、その医薬品的効能効果を

演述宣伝している事実などを総合して、

本件「ビバ・ナチユラル」が薬事法二条一項二号の

医薬品に当たるとした原判断は正当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク