スポンサードリンク

【判例】被害者側の落度が介在した場合につき因果関係が認められた事例 (昭和63年5月11日最高裁)被害者側の落度が介在した場合につき因果関係が認められた事例

(昭和63年5月11日最高裁)

事件番号  昭和61(あ)960

 

最高裁判所の見解

原判決の認定によれば、被告人は、

県知事の免許を受けて柔道整復業を営む一方、

風邪等の症状を訴える患者に対しては、

医師の資格がないにもかかわらず反復継続して

治療としての施術等を行つていたものであるが、

本件被害者から風邪ぎみであるとして診察治療を依頼されるや、

これを承諾し、熱が上がれば体温により雑菌を殺す効果があつて

風邪は治るとの誤つた考えから、熱を上げること、

水分や食事を控えること、閉め切つた部屋で

布団をしつかり掛け汗を出すことなどを指示し、

その後被害者の病状が次第に悪化しても、

格別医師の診察治療を受けるよう勧めもしないまま、

再三往診するなどして引き続き前同様の指示を繰り返していたところ、

被害者は、これに忠実に従つたためその病状が悪化の一途をたどり、

当初三七度前後だつた体温が五日目には

四二度にも昇つてけいれんを起こすなどし、

その時点で初めて医師の手当てを受けたものの、

既に脱水症状に陥つて危篤状態にあり、

まもなく気管支肺炎に起因する心不全により

死亡するに至つたというのである。

 

右事実関係のもとにおいては、被告人の行為は、

それ自体が被害者の病状を悪化させ、

ひいては死亡の結果をも引き起こしかねない危険性を

有していたものであるから、医師の診察治療を受けることなく

被告人だけに依存した被害者側にも落度があつたことは

否定できないとしても、被告人の行為と

被害者の死亡との間には因果関係があるというべきであり、

これと同旨の見解のもとに、

被告人につき業務上過失致死罪の成立を

肯定した原判断は、正当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク