スポンサードリンク

【判例】裁判員の参加する刑事裁判に関する法律35条1項(平成25年3月15日最高裁)裁判員の参加する刑事裁判に関する法律35条1項の異議の申立てと裁判員等選任手続の停止

(平成25年3月15日最高裁)

事件番号  平成25(し)110

 

この裁判では、

裁判員の参加する刑事裁判に関する法律35条1項の

異議の申立てと裁判員等選任手続の停止について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

裁判員法35条1項の異議の申立てには,

裁判員等選任手続の性質上,即時抗告の執行停止の効力に関する

刑訴法425条は準用されず,上記の異議の申立てがされても,

裁判員等選任手続が停止されるものではないと解すべきであるから,

その後にされた裁判員法37条の裁判員及び

補充裁判員を選任する決定に違法はない。

 

同決定において,異議の申立てに係る

裁判員候補者が選任されなかった場合には,

不選任決定の請求を却下する決定を取り消す実益が失われ,

異議の申立ては法律上の利益を欠くというべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク