スポンサードリンク

【判例】補助参加人の上告提起後にされた被参加人の上告の適否 (平成元年3月7日最高裁)補助参加人の上告提起後にされた被参加人の上告の適否

(平成元年3月7日最高裁)

事件番号  昭和63(オ)1695

 

最高裁判所の見解

記録によれば、上告人が本件上告を提起した時には、

既に上告補助参加人が上告を提起していたことが明らかであるから、

上告人の本件上告は、二重上告であり、

不適法として却下すべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク