スポンサードリンク

【判例】認知者が血縁上の父子関係がないことを理由に認知の無効を主張することの可否(平成26年3月28日最高裁)認知者が血縁上の父子関係がないことを理由に認知の無効を主張することの可否

(平成26年3月28日最高裁)

事件番号  平成25(受)442

 

この裁判では、

認知者が血縁上の父子関係がないことを理由に

認知の無効を主張することの可否について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

認知は,血縁上の父子関係を前提として,

自らの子であることを認めることにより法律上の父子関係を

創設する制度であると解されるところ,

血縁上の父子関係がないにもかかわらずされた認知は,

認知制度の本来の趣旨に反するものであって無効というべきである。

 

そして,認知の効力について

強い利害関係を有する認知者自身について,

このような理由による無効の主張を

一切許さないと解することは相当でない。

 

また,血縁上の父子関係がないにもかかわらずされた認知については,

利害関係人による無効の主張が認められる以上(民法786条),

認知を受けた子の保護の観点からみても,

あえて認知者自身による無効の主張を一律に制限すべき理由に乏しく,

具体的な事案に応じてその必要がある場合には,

権利濫用の法理などによりこの主張を

制限することで足りるものと解される。

 

認知者による血縁上の父子関係がないことを理由とする

認知の無効の主張が民法785条によって

制限されると解することもできない。

 

したがって,認知者は,民法786条に規定する利害関係人に当たり,

自らした認知の無効を主張することができるというべきであり,

この理は,認知者が血縁上の父子関係がないことを知りながら

認知をした場合においても異なるところはない

(最高裁平成23年(受)第1561号同26年1月14日

第三小法廷判決・民集68巻1号登載予定参照)。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク