スポンサードリンク

【判例】違法な公金の支出 (平成2年3月23日最高裁)違法な公金の支出

(平成2年3月23日最高裁)

事件番号  昭和61(行ツ)95

 

最高裁判所の見解

所論の点に関する原審の事実認定は、

原判決挙示の証拠関係に照らして首肯するに足り、

右事実関係の下においては、本件公金の支出が違法であるとして

上告人に損害の賠償を命じた原審の判断は、

正当として是認することができる。

 

原判決に所論の違法はない。

論旨は、独自の見解に基づき若しくは

原判決を正解しないでこれを非難するものにすぎず、

採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク