スポンサードリンク

【判例】違法な所持品検査で得た証拠の証拠能力 (平成8年11月29日最高裁)違法な所持品検査で得た証拠の証拠能力

(平成8年11月29日最高裁)

事件番号  平成8(あ)867

 

最高裁判所の見解

上告趣意は、違憲をいう点を含め、

実質は事実誤認、単なる法令違反の主張であり、

被告人本人の上告趣意は、事実誤認、

単なる法令違反の主張であって、

いずれも刑訴法四〇五条の上告理由に当たらない

(なお、本件において、警察官らによる被告人に対する

所持品検査に違法があっても、これにより

得られた証拠の証拠能力を失わせなければならないほどの

重大な違法とまではいえないとして、

その証拠能力を肯定した原判断は、是認することができる。)。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク