スポンサードリンク

【判例】遺産分割協議と合意解除及び再分割協議の可否 (平成2年9月27日最高裁)遺産分割協議と合意解除及び再分割協議の可否

(平成2年9月27日最高裁)

事件番号  昭和63(オ)115

 

最高裁判所の見解

共同相続人の全員が、既に成立している遺産分割協議の

全部又は一部を合意により解除した上、

改めて遺産分割協議をすることは、法律上、

当然には妨げられるものではなく、

上告人が主張する遺産分割協議の修正も、

右のような共同相続人全員による遺産分割協議の合意解除と

再分割協議を指すものと解されるから、

原判決がこれを許されないものとして

右主張自体を失当とした点は、

法令の解釈を誤ったものといわざるを得ない。

 

しかしながら、原判決は、その説示に徴し、

上告人の右主張事実を肯認するに足りる証拠はない旨の

認定判断をもしているものと解され、

この認定判断は原判決挙示の証拠関係に照らして

首肯するに足りるから、上告人の右主張を排斥した

原審の判断は、その結論において是認することができる。

 

論旨は、ひっきょう、原判決の結論に影響しない説示部分を

論難するものであって、採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク