スポンサードリンク

【判例】銃砲刀剣類登録規則四条二項の法適合性 (平成2年2月1日最高裁)銃砲刀剣類登録規則四条二項の法適合性

(平成2年2月1日最高裁)

事件番号  昭和63(行ツ)163

 

最高裁判所の見解

銃砲刀剣類所持等取締法(以下「法」という。)一四条一項による

登録を受けた刀剣類が、法三条一項六号により、

刀剣類の同条本文による所持禁止の除外対象とされているのは、

刀剣類には美術品として文化財的価値を有するものがあるから、

このような刀剣類について登録の途を開くことによって所持を許し、

文化財として保存活用を図ることは、

文化財保護の観点からみて有益であり、また、

このような美術品として文化財的価値を有する

刀剣類に限って所持を許しても危害の予防上重大な

支障が生ずるものではないとの趣旨によるものと解される。

 

このことは、法四条による刀剣類の所持の許可の場合は、

危害予防の観点から、これを所持する者が

法五条一項各号に該当しない者でなければ

許可を受けることができないものとされているのに対し、

法一四条一項による登録の場合は、

登録を受けようとする者について右のような定めはなく、

当該刀剣類それ自体が同項所定の「美術品として価値のある刀剣類」に

該当すると認められるときは、その登録を受けることができ、

登録を受ければ何人もこれを所持できるものとされており、

しかもその登録事務は文化庁長官が

所掌していることに照らしても明らかである

(最高裁昭和五九年(行ツ)第一七号同六二年一一月二〇日第二小法廷判決・

裁判集民事一五二号二〇九頁参照)。

 

そして、このような刀剣類の登録の手続に関しては、

法一四条三項が「第一項の登録は、

登録審査委員の鑑定に基いてしなければならない。」と定めるほか、

同条五項が「第一項の登録の方法、

第三項の登録審査委員の任命及び職務、同項の鑑定の基準及び

手続その他登録に関し必要な細目は、文部省令で定める。」

としており、これらの規定を受けて

銃砲刀剣類登録規則(昭和三三年文化財保護委員会規則第一号。

 

なお、右規則は、昭和四三年法律第九九号附則五項により、

文部省令としての効力を有するものとされている。

以下「規則」という。)が制定されている。

 

その趣旨は、どのような刀剣類を我が国において

文化財的価値を有するものとして

登録の対象とするのが相当であるかの判断には、

専門技術的な検討を必要とすることから、

登録に際しては、専門的知識経験を有する登録審査委員の鑑定に基づくことを

要するものとするとともに、その鑑定の基準を設定すること自体も

専門技術的な領域に属するものとして

これを規則に委任したものというべきであり、したがって、

規則においていかなる鑑定の基準を定めるかについては、

法の委任の趣旨を逸脱しない範囲内において、

所管行政庁に専門技術的な観点からの

一定の裁量権が認められているものと解するのが相当である

(前記最高裁判決参照)。

 

そして、規則に定められた刀剣類の鑑定の基準をみるに、

規則四条二項は、「刀剣類の鑑定は、日本刀であって、

次の各号の一に該当するものであるか否かについて行なうものとする。」とした上、

同項一号に「姿、鍛え、刃文、彫り物等に美しさが認められ、

又は各派の伝統的特色が明らかに示されているもの」を、

同項二号に「銘文が資料として価値のあるもの」を、

同項三号に「ゆい緒、伝来が史料的価値のあるもの」を、

同項四号に「前各号に掲げるものに準ずる刀剣類で、

その外装が工芸品として価値のあるもの」をそれぞれ掲げており、

これによると、法一四条一項の文言上は

外国刀剣を除外してはいないものの、右鑑定の基準としては、

日本刀であって、美術品として文化財的価値を有するものに限る旨の

要件が定められていることが明らかである。

 

そこで、右の要件が法の委任の趣旨を

逸脱したものであるか否かをみるに、

刀剣類の文化財的価値に着目してその登録の途を開いている

前記法の趣旨を勘案すると、

いかなる刀剣類が美術品として価値があり、

その登録を認めるべきかを決する場合にも、

その刀剣類が我が国において有する

文化財的価値に対する考慮を欠かすことは

できないものというべきである。

 

そして、原審の適法に確定するところによると、

(1) 我が国がポツダム宣言を受諾して後、

連合国占領軍(以下「占領軍」という。)は、

日本政府に対し民間の武装解除の一環として

昭和二〇年九月二日付け一般命令第一号一一項により

一般国民の所有する一切の武器の収集及び占領軍への

引渡の準備をすべき旨を命じたが、これに対し、

日本政府は愛刀家の鑑賞の対象である日本古来の刀剣類までもが

一般の武器と同一視されて接収されることに強く抵抗し、

占領軍の理解を求めて折衝した結果、美術品として

価値のある刀剣類については、占領軍への引渡の対象から

除外されることになり、昭和二一年六月一五日施行された

銃砲等所持禁止令(昭和二一年勅令第三〇〇号)により、

地方長官の許可を得て所持できることとなった

(これが本件登録制度の発端である。)、

(2) その後、文化財保護法の制定に伴い、

昭和二五年一一月二〇日施行された銃砲刀剣類等所持取締令

(昭和二五年政令第三三四号。以下「旧取締令」という。)により、

本件登録制度の前身である文化財保護委員会による登録制度が採用され、

銃砲等所持禁止令は廃止されるに至ったが、

右制度改正の趣旨は、従来、美術刀剣類をも凶器の一種とみて、

治安上の取締りの観点から所持許可の対象としていたが、

これを文化財に準ずるものとみて、

その保存と活用を図るところにあった、

(3) 昭和三三年四月一日から現行の法

(ただし、当時は「銃砲刀剣類等所持取締法」といい、

昭和四〇年法律第四七号により現行の題名に改められた。)が施行され、

旧取締令は廃止されたが、登録に関する規定の文言は、

法と旧取締令とで差異はない(もっとも、その後の法改正により、

登録事務は文化庁長官が所掌することとなった。)、

(4) 法施行後は、外国刀剣の登録例は一件もない(法施行前においては、

第一審判決添付の別表記載のとおり、外国刀剣の登録例があるが、

これは、旧取締令施行前の銃砲等所持禁止令の時代に

許可基準の一部にあいまいな点があったために外国刀剣の

所持許可がされたものを、旧取締令の施行に伴い、

同令に基づく登録として引き継いだものがほとんどである。)、

(5) 日本刀は、原材料に玉鋼を主体としたものを用い、

折返し鍛練を行い、土取りを施し、焼入れをすることによって

製作されるものであり、我が国独自の製作方法と

様式美を持った刀剣であるが、その製作方法は

奈良時代以後に次第に発達してきたものであって、

平安時代以降は刀身に作者名を切るようになり、

各派の作風の特徴が刀剣自体に具現されるようになったが、

このような様式美を有する日本刀については、

古くから我が国において美術品としての

鑑賞の対象とされてきた、というのであり、

これらの認定事実に照らすと、規則が文化財的価値のある

刀剣類の鑑定基準として、前記のとおり美術品として

文化財的価値を有する日本刀に限る旨を定め、

この基準に合致するもののみを我が国において

前記の価値を有するものとして登録の対象にすべきものとしたことは、

法一四条一項の趣旨に沿う合理性を有する

鑑定基準を定めたものというべきであるから、

これをもって法の委任の趣旨を逸脱する無効のものということはできない。

 

そうすると、上告人の登録申請に係る

本件サーベル二本は上告人がスペインで購入して

日本に持ち帰った外国刀剣であって、

規則四条二項所定の鑑定の基準に照らして、

登録の対象となる刀剣類に該当しないことが明らかであるから、

以上と同旨の見解に立って、上告人の右登録申請を拒否した

被上告人の本件処分に違法はないとした原審の判断は

正当として是認することができ、原判決に所論の違法はない。

 

所論違憲の主張は、その実質は

原判決の単なる法令違背をいうものにすぎず、

原判決に法令違背のないことは右に述べたとおりである。

論旨は、採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク