スポンサードリンク

【判例】非行事実が認められないことを理由とする不処分決定と刑事補償 (平成3年3月29日最高裁)非行事実が認められないことを理由とする不処分決定と刑事補償

(平成3年3月29日最高裁)

事件番号  平成1(し)123

 

最高裁判所の見解

 

刑事補償法一条一項にいう「無罪の裁判」とは、

同項及び関係の諸規定から明らかなとおり、

刑訴法上の手続における無罪の確定裁判をいうところ、

不処分決定は、刑訴法上の手続とは性質を異にする

少年審判の手続における決定である上、

右決定を経た事件について、刑事訴追をし、

又は家庭裁判所の審判に付することを妨げる効力を有しないから、

非行事実が認められないことを理由とするものであっても、

刑事補償法一条一項にいう「無罪の裁判」

には当たらないと解すべきであり、

このように解しても憲法四〇条及び

一四条に違反しないことは、当裁判所大法廷の判例

(昭和三〇年(し)第一五号同三一年一二月二四日決定・

刑集一〇巻一二号一六九二頁、昭和三七年(あ)第二一七六号

同四〇年四月二八日判決・刑集一九巻三号二四〇頁)の

趣旨に徴して明らかである

(最高裁昭和二九年(も)第一号同三五年六月二三日第一小法廷決定・

刑集一四巻八号一〇七一頁参照)。

 

また、不処分決定は、非行事実が

認められないことを理由とするものであっても、

刑訴法一八八条の二第一項にいう「無罪の判決」

に当たらないと解すべきであり、このように解しても

憲法四〇条及び一四条に違反しないことは、

前示のとおりである。所論は、すべて理由がない。

 

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク