スポンサードリンク

【判例】墓地使用権確認等 (平成8年10月29日最高裁)墓地使用権確認等

(平成8年10月29日最高裁)

事件番号  平成4(オ)608

 

最高裁判所の見解

 

原審の適法に確定した事実関係によれば、本件墓地は、

明治五年ごろ以降、旧A寺の管理下にはなく、

Dらが旧岩手郡a村(現盛岡市)から委託を受けて管理し、

宗派を問わず埋葬することが認められていた共同墓地であったところ、

被上告人B1、同B2及び同B3の各先代は、

それぞれその当時の管理者から、本件墓地につき

自己の属する宗派の方式によって埋葬し

典礼を行うことができることを内容とする

墓地使用権の設定を受けたものであるが、

昭和一七年に本件墓地の管理者が交代し、

真言宗に属する寺院である上告人が、

本件墓地を同寺の寺院墓地として管理し、

本件墓地における他宗派の方式による典礼の施行を

拒絶するに至っているというのである。

 

そうすると、上告人は右墓地使用権設定契約上の地位を

承継したものというべきであるから、

本件墓地が上告人の寺院墓地という性格を有するに至ったとしても、

同被上告人らは、従前どおり本件墓地において

自己の属する宗派の方式によって典礼を行うことを

妨げられないものと解するのが相当である。

 

これと同旨の原審の判断は、正当として是認することができ、

その過程に所論の違法はない。

 

論旨は、これと異なる見解に立って

寺院墓地使用権に関する原審の判断を論難するものであって、

採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク