スポンサードリンク

平成26年(2014年)の判例認知者が血縁上の父子関係がないことを理由に認知の無効を主張することの可否 (平成26年1月14日最高裁)

少年法20条1項、刑訴法463条1項、338条4号(平成26年1月20日最高裁)

勾留理由開示請求却下決定に対する抗告棄却決定に対する特別抗告事件 (平成26年1月21日最高裁)

阪急トラベルサポート事件(みなし労働時間制)

一般廃棄物収集運搬業又は一般廃棄物処分業の許可処分又は許可更新処分の取消訴訟の競業者の原告適格 (平成26年1月28日最高裁)

取締役の会社に対する損害賠償債務が履行遅滞となる時期(平成26年1月30日最高裁)

遺産確認の訴えの当事者適格(平成26年2月14日最高裁)

株式等が相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されるか (平成26年2月25日最高裁)

権利能力のない社団による登記請求 (平成26年2月27日最高裁)

刑訴法382条の解釈適用(平成26年3月10日最高裁)

事理を弁識する能力を欠く常況にある者に法定代理人がない場合と民法158条1項の類推適用 (平成26年3月14日最高裁)

前橋スナックけん銃乱射殺人等事件(平成26年3月14日最高裁)

包括一罪とされた事例 (平成26年3月17日最高裁)

保護責任者遺棄致死被告事件 (平成26年3月20日最高裁)

使用者の安全配慮義務違反等に基づく損害賠償と過失相殺(平成26年3月24日最高裁)

認知者が血縁上の父子関係がないことを理由に認知の無効を主張することの可否(平成26年3月28日最高裁)

暴力団関係者であることを申告せずに施設利用を申し込む行為は詐欺罪にあたるか (平成26年3月28日最高裁)

銀行口座開設における詐欺罪 (平成26年4月7日最高裁)

親権者変更の確定審判に基づく戸籍の届出( 平成26年4月14日最高裁)

最高速度を誤認して速度違反に当たるとしてされた略式命令に対する非常上告(平成26年4月15日最高裁)

刑訴法294条,312条,379条,刑訴規則208条(平成26年4月22日最高裁)

執行文付与の訴えを提起することの許否(平成26年4月24日最高裁)

民訴法3条の3第8号の「不法行為があった地」(平成26年4月24日最高裁)

配当異議事件(平成26年6月5日最高裁)

民事再生法93条2項2号にいう「前に生じた原因」(平成26年6月5日最高裁)

元厚生事務次官宅連続襲撃事件(平成26年6月13日最高裁)

選挙無効訴訟の違憲の主張 (平成26年7月9日最高裁)

独立当事者参加の申出の適否 (平成26年7月10日最高裁)

情報公開請求訴訟の主張立証責任 (平成26年7月14日最高裁)

親子関係不存在確認の訴えの許否(平成26年7月17日最高裁)

貸金業法4条1項2号に定義されている同法6条1項9号の「役員」に監査役は含まれるか (平成26年7月18日最高裁)

安全措置を講ずべき業務上の注意義務(平成26年7月22日最高裁)

量刑判断の方法 (平成26年7月24日最高裁)

金銭消費貸借契約(平成26年7月29日最高裁)

産業廃棄物の最終処分場の周辺住民の原告適格 (平成26年7月29日最高裁)

逃亡犯罪人引渡法と憲法31条 (平成26年8月19日最高裁)

裁判員制度と憲法13条,18条後段,19条,20条,21条,31条,32条,37条(平成26年9月2日最高裁)

NHKの受信料債権の消滅時効期間 (平成26年9月5日最高裁)

固定資産税の納税義務の有無(平成26年9月25日最高裁)

賃料増減請求により増減された賃料額の確認を求める訴訟の確定判決の既判力 (平成26年9月25日最高裁)

行政事件訴訟法12条3項にいう「事案の処理に当たった下級行政機関」 (平成26年9月25日最高裁)

国家賠償法1条1項の適用上の違法 (平成26年10月9日最高裁)

労働安全規制と国家賠償責任 (平成26年10月9日最高裁)

宮崎家族3人殺害事件 (平成26年10月16日最高裁)

広島中央保健生活協同組合事件(妊娠に伴う軽易業務への転換を契機とした降格処分)

生活保護法62条3項に基づく保護の廃止 (平成26年10月23日最高裁)

ネズミ講で利益を受けた者に対する破産管財人の返還請求 (平成26年10月28日最高裁)

民訴法220条4号ニ所定の「専ら文書の所持者の利用に供するための文書」 (平成26年10月29日最高裁)

不動産強制競売事件の期間入札 (平成26年11月4日最高裁)

無許可輸出罪の実行の着手(平成26年11月7日最高裁)

裁量保釈と抗告 (平成26年11月18日最高裁)

公職選挙法14条,別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の合憲性 (平成26年11月26日最高裁)

民事訴訟費用等に関する法律2条2号の類推適用 (平成26年11月27日最高裁)

刑訴法367条の準用する同法366条1項にいう「刑事施設の長又はその代理者に差し出したとき」(平成26年11月28日最高裁)

静岡2女性殺害等事件(平成26年12月2日最高裁)

延滞税納付債務不存在確認等請求事件(平成26年12月12日最高裁)

相続預り金請求事件 (平成26年12月12日最高裁)

公正取引委員会の排除措置命令(平成26年12月19日最高裁)


スポンサードリンク