スポンサードリンク

【判例】銃砲刀剣類所持等取締法違反 (平成8年2月13日最高裁)銃砲刀剣類所持等取締法違反

(平成8年2月13日最高裁)

事件番号  平成5(あ)728

 

最高裁判所の見解

原判決の認定によれば、被告人が包丁儀式に使用するものとして

所持していた本件七本の刃物は、いずれも、

刃渡りが約三二・二ないし三三・四センチメートル、

柄に近い部分の刀身の幅は約三・五センチメートル、

棟の厚みは約〇・四センチメートルで、

片面が研磨された鋭利な刃が付けられた、

先端の鋭利な鋼鉄(炭素鋼)製の刃物であって、

鍔はないが、刀身とほぼ同じ幅の白木の柄に目釘で固定され、

白木の鞘に収められており、刀身の刃区(はまち)の部分には

小さいながらも和包丁の特徴である俗に

アゴと言われる段差があるものの、?(はばき)により

その段差が完全に覆い隠されているというのである。

 

そうしてみると、右各刃物は、社会通念上「刀」というに

ふさわしい形態、実質を備えていると認めるのが相当である

(長さから言えば俗に言う脇差に当たる。)。

 

したがって、右各刃物は、いずれも、

銃砲刀剣類所持等取締法(平成三年法律第五二号による改正前のもの)三条一項にいう

「刀剣類」に当たるとした原判断は、正当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク