いわゆる位置指定道路の通行妨害と妨害排除請求権

(平成9年12月18日最高裁)

事件番号  平成8(オ)1361

 

最高裁判所の見解

一 建築基準法四二条一項五号の規定による

位置の指定(以下「道路位置指定」という。)を

受け現実に開設されている道路を通行することについて

日常生活上不可欠の利益を有する者は、

右道路の通行をその敷地の所有者によって妨害され、

又は妨害されるおそれがあるときは、

敷地所有者が右通行を受忍することによって

通行者の通行利益を上回る著しい損害を被るなどの

特段の事情のない限り、敷地所有者に対して

右妨害行為の排除及び将来の妨害行為の禁止を

求める権利(人格権的権利)を有するものというべきである。

 

けだし、道路位置指定を受け現実に開設されている道路を

公衆が通行することができるのは、

本来は道路位置指定に伴う反射的利益にすぎず、

その通行が妨害された者であっても道路敷地所有者に対する

妨害排除等の請求権を有しないのが原則であるが、

生活の本拠と外部との交通は人間の基本的生活利益に属するものであって、

これが阻害された場合の不利益には甚だしいものがあるから、

外部との交通についての代替手段を欠くなどの理由により

日常生活上不可欠なものとなった通行に関する利益は

私法上も保護に値するというべきであり、他方、

道路位置指定に伴い建築基準法上の建築制限などの

規制を受けるに至った道路敷地所有者は、

少なくとも道路の通行について

日常生活上不可欠の利益を有する者がいる場合においては、

右の通行利益を上回る著しい損害を被るなどの特段の事情のない限り、

右の者の通行を禁止ないし制限することについて

保護に値する正当な利益を有するとはいえず、

私法上の通行受忍義務を負うこととなっても

やむを得ないものと考えられるからである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク